歯が汚れむし歯が出来る原因

歯が汚れむし歯が出来る原因は、歯垢や歯石になります。歯の汚れの種類には色々あり、歯垢、歯石、着色汚れがあり、汚れが付着した歯は、むし歯や歯周病に発展します。歯垢は歯の表面に付着する細菌のかたまりなので、単に見た目の汚れだけでなく、むし歯の原因になります。

歯石は歯に付着した歯垢が石灰化したもので、歯周病を悪化させる元になります。歯石は歯磨きでは取り除けないので、歯科医院でしっかり取ってもらってむし歯を予防する必要があります。

白い歯を保つには汚れはすぐに落とす必要があり、ミュータンス菌はやがて歯垢となって歯の表面に付着し、酸がカルシウムやリンを溶かして歯をもろくします。食べ物に含まれている糖質はミュータンス菌が酸を作る材料に使われるので、甘いものをよく摂る習慣のある人は気をつけないといけません。歯の表面が酸にさらされる時間が長くなればなるほど、むし歯になる確率は高くなります。

歯の質については個人差があり、エナメル質や象牙質の状況で人によってはむし歯になりやすい人もいるので、汚れをしっかり歯磨きで取ると共に、バランスの良い食事を心がける必要があります。 歯を白くする方法

歯を白くするホワイトニングジェルとはどんなもの?

歯を白くするホワイトニングジェルとは、特殊な薬剤が入っている歯磨き用ジェルのことで、それを浸透させることで歯を白い状態に戻すことができます。ホームホワイトニングジェルを使用することで、変色した歯も白く戻すことができるのです。歯を白く綺麗な状態に保つのに有効で、ホワイトニングジェルがあれば気軽にケアすることができます。

ホームホワイトニングジェルに歯を白くする効果があるのは、過酸化尿素という成分が含まれているからで、この成分が歯の内部に浸透して色素を分解します。過酸化尿素は色素にだけ反応するので歯に対するダメージもなく、安全に白い歯を手に入れることができます。 歯を白くするクリーニング 歯 ホワイトニングジェル 歯の黄ばみ解消 歯を白くする歯磨き粉 歯を白くするホワイトニング

歯を白くするには、歯科医院のホワイトニングが一番効果的なのですが、歯科医院となると何度も通う必要があり、費用もバカになりません。その点、ホワイトニングジェルなら自宅で簡単に試すことができます。歯科医院での施術よりも効果は劣りますが、家でできるホワイトニングなので手軽に白い歯を手に入れたい人におすすめできます。効果を得るには、ほぼ毎日、数週間に渡り使用する必要がありますが、少しずつ着実に効果は現れてきます。

毎日の歯磨きで汚れを防ぐ

毎日の歯磨きで、歯が汚れないようにするためにはどのように行えば良いでしょうか?

まず、磨き残しがないようにすることです。自分ではちゃんと磨いているつもりでも、歯の間や歯の奥などが磨けていないことが多いようです。歯の間は歯間ブラシやデンタルフロスなどを使うのが良いでしょう。

また、一生懸命に磨きすぎるのも良くありません。適度に力を抜いて、歯ぐきにダメージを与えないようにしましょう。

歯磨き粉は研磨剤やスクラブが入っていないものを使いましょう。一度歯が汚れてしまうと綺麗にするにはホワイトニングするしかありません。普段のケアで歯が汚れないようにしましょう。